障害時のこころえ

落ち着いて行動。

緊張感のある中でも笑顔で。

そしてもともと動いていたものなのだから必ず大丈夫、解決できることを信じて行動する。

 

あとは、作業記録を付けること。あとで必ず必要になる。

また、ユーザにて定期的に情報を展開すること。